名古屋大学 素粒子宇宙起源研究機構(KMI)

名古屋大学

English


一般相対論誕生100年記念市民講演会

2015年11月25日、時空を支配するアインシュタインの一般相対性理論は誕生100年を迎えます。一般相対性理論は宇宙の膨張とブラックホールの存在を予言しました。そして、これまで観測からその予言はことごとく支持されています。一方、宇宙の加速膨張を支える暗黒エネルギー、暗黒物質の正体の謎などをはじめとする大問題も残されています。そこで、当機構では市民講演会を行い、市民と学生のみなさんに時空理論とその周辺の研究の歴史、展開、そして最前線に触れて頂きたくこのような機会を設けました。是非楽しんでください。なお、講演者の梶田先生が2015年ノーベル物理学賞を受賞されます。おめでとうございます。

日時:2015年11月21日(土) 13:00-16:30
場所:名古屋大学 理学南館 坂田・平田ホール
定員:300名(当日先着順)
入場:無料
主催:名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構
共催:名古屋大学大学院多元数理科学研究科、理学研究科
企画協力:一般相対論誕生100年記念市民講演会委員会

12:30  開場
13:00  挨拶 名古屋大学教授 白水徹也
13:05  京都大学名誉教授 佐藤文隆
        「一般相対論の誕生」
13:35  名古屋大学教授 杉山直
        「アインシュタイン最大の成功?」 
14:05  休憩
14:20  名古屋大学教授 國枝秀世 
        「天文観測に見られる相対論効果」
14:50  東京大学教授 梶田隆章  
        「重力波の観測に挑む ーアインシュタイン100年の宿題ー」 
15:40-16:30 質問、討論(ニュートリノに関する質問も受け付けます)

poster_nagoya.jpg